top of page

えんどれすサマー祭 with Nanpei Akagi




カメラのレンズを外し、光を採集/撮影をする“健光(Kenko)”や偶発性をテーマに撮られた多重露光写真

”Zenzen” など独自の手法で撮った数多くの作品が話題の写真家・赤木楠平 SLOW TEMPOオーナーの小野寺さんとアーティスト赤木さんは小中学校時代に一緒にバスケットをした

仲間だという。中学の途中から赤木さんは海外へ。その後、一時帰国し日本大学芸術学部を卒業後、

また直ぐに渡英。

様々な地で育った赤木さんは何の型にもはまることなく、アーティストとして各方面の

コアな方々から支持されている。 SLOW TEMPO (DELTA inc) が駒沢に移転後、フラっと赤木さんが遊びに来たことで再会。

長らく会って無くてもその波長はピタッと合ったという。

無理せずゆる〜く楽しい事をやろう!ということで今回の『祭』を開催することに。 どんな作品があがってくるか、その全貌が見えないのも楽しみの一つ。

赤木さんとスローテンポらしさを感じに遊びにいらしてください。

◆ご来店頂いた皆さまには彼の代表的な手法でもあります多重露光写真”Zenzen”にて

ポートレート撮影をさせて頂き、後日、出来上がりの作品をプレゼント。

◆お祭りに合わせて赤木楠平が自由な感性でデザインしたスローテンポの古着も販売予定。

その他、アイテムについては、続々と上がってくる予定。


アートを感じる夏、是非お楽しみに。


#SLOWTEMPO #NanpeiAkagi #赤木楠平






”ZENZEN” (偶然+自然=然然)とは 




1本のフィルムに3回の露光を行いプリントしてできる多重露光作品のことをいう。

その工程として、1回撮り終えたフィルムを巻いて、

適当な量になるまで適当な箱の中に保管し貯めて行く。 タイミングをみてその箱の中から、ランダムにフィルムを選び、

2回目の撮影、3回目へとfinish! フィルム現像後良いところをプリントして完成させる。






えんどれすサマー 祭 with 赤木楠平

8月25日㈮〜8月27日㈰


*25日(金)は前夜祭として17:00~21:00営業となります

アルコールなどのフリードリンクもご用意してお待ちしてます

SLOW TEMPO Komazawa

東京都世田谷区駒沢2-12-4 駒沢大学駅 西口より徒歩4分 246通り沿い





Comments


bottom of page